teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7月のお楽しみ

 投稿者:あいどん(管理人)  投稿日:2017年 6月27日(火)21時33分13秒
編集済
  さて7月のお楽しみです。


山田ドラマ。

7月4日 「春の一族 一挙放送」19:10~23:25(日本映画専門チャンネル)


7月9日 「夏の一族③終」6:30~8:00(日本映画専門チャンネル)


7月11日 「いちばん綺麗なとき」22:00~23:25(日本映画専門チャンネル)
(7月18日再)

7月18日 「ちょっと愛して」22:00~23:40(日本映画専門チャンネル)
(7月23日、7月25日再)


7月25日 「季節が変わる日」22:00~23:45(日本映画専門チャンネル)
(7月30日再)








倉本聰。


7月3日 「やすらぎの郷」12:30~12:50(テレビ朝日)
月~金。


7月3日 「前略おふくろ様」21:00~23:00(日本映画専門チャンネル)
毎月曜。







宮藤官九郎。

7月1日 「ゆとりですがなにか一挙放送」20:40~5:00(日テレプラス)



地上波で新作放送。
7月2日 「ゆとりですがなにか純米吟醸純情編  前編」22:30~23:25(日本テレビ)


7月9日 「ゆとりですがなにか純米吟醸純情編  後編」22:30~23:25(日本テレビ)





テレビマンユニオン。

7月14日 「書店員ミチルの身の上話 一挙放送」23:30~5:00(日本映画専門チャンネル)




向田邦子。

7月21日 「だいこんの花①」19:00~20:00(テレ朝チャンネル2)
毎火4.
松木ひろしが書いてる回もあって拍子抜けだけど、根気よく向田を探してみたい。



福田雄一。


7月25日 「スーパーサラリーマン左江内氏①」23:00~0:05(日テレプラス)
連日。









 
 

チャンチキおけさと懸念

 投稿者:あいどん(管理人)  投稿日:2017年 6月16日(金)22時37分32秒
編集済
  文庫さん、はじめまして。

情報ありがとうございます。次は大石静ですか。期待しましょう。


おっしゃる通り、懸念があります。
プツッと山田さんの露出がなくなり、自分の作家展の鼎談にすら出ない。
背景はいろいろ考えられますが、とりあえず多忙と、体力の問題が理由だろうと思っています。

享美さんと一緒にチャンチキおけさを踊りたいのですが、懸念はあります。


新宿の朝日カルチャーセンターでお会いした時、山田さんはお元気でした。私などよりはるかに健康な印象をうけました。

ですから、その後何か急変したのではないかという想像は、それこそ懸念じゃないかと今のところ思っています。



 

シルバータイム第2弾

 投稿者:文庫  投稿日:2017年 6月16日(金)13時52分25秒
  通りすがりの者です。
テレビ朝日の帯ドラマ劇場第2弾は、大石静脚本「トットちゃん!」に決定したようです。
http://www.tv-asahi.co.jp/totto/

シルバータイムドラマは、当初、無理を承知で、
ぜひ山田先生にも担っていただけたら、と思っておりましたが、
山田太一展記念座談会も御出演がないようですので、
今は、山田さんがお元気でいらっしゃるのか、御体調がとても心配です。

最近お姿を拝見したのは、
去年12/21銀座の「EDIT TOKYO B&B銀座」での、
「山田太一セレクション」刊行開始 山田太一さんトークショー。
ラジオは、12/28TBSラジオ「伊集院光とらじおと」のゲスト。
2月の近藤晋さんの訃報に際してのコメントをお見掛けしていないので、
その時期から、ずっと心配しています。
お元気であることを祈っています。
 

 投稿者:享美  投稿日:2017年 6月15日(木)08時19分36秒
  あいどん師匠、その情報は確かなんでしょうかっ!(めっちゃいい加減なダンナの情報でぬか喜びした後大落胆という繰り返しの悲しい人生を送ってきました。疑り深い性格はそのせいなんです。お許しください。すみません。)

チャンチキおけさを踊ってしまいそうです。(最近私の周辺、ごく一部で流行っている歓びの比喩表現なんです。すみません。)

その情報が確実なものになったあかつきには、皆さんで大チャンチキおけさ大会を開きましょう!
 

ちょっと愛して

 投稿者:あいどん(管理人)  投稿日:2017年 6月14日(水)10時02分21秒
編集済
  meronさん、お久しぶりです。

「ちょっと愛して」楽しみですね。
「早春スケッチブック」とか「ふぞろいの林檎たち」なんかに比べると、ほぼ100パーセント話題にあがらないドラマです。

主演は樹木希林と川谷拓三。

お見合いでも既存の結婚紹介所でもなく、コンピューターを使った紹介ビジネスが初めて日本にあらわれた頃のドラマです。
樹木希林は今でこそ「女優」と認識されていますが、この頃は「時間ですよ」とか「ムー一族」で「怪演」をするバラエティタレントのようなイメージが強かった時代。
その樹木にシリアスな、それでいてコミカルで切実な役柄を与えた。
川谷拓三は東映の大部屋俳優から、少しずつ個性派俳優として頭角をあらわし始めた時代。

美男美女が活躍するドラマの世界で、そうではない二人が主演をはった稀有なドラマ。心意気を感じます。
 

嬉しくて泣きそうです

 投稿者:meron  投稿日:2017年 6月13日(火)13時04分54秒
  あいどんさん、みなさま
こんにちは。
ちょっと愛して…が話題になったとき、
一度こちらに訪れたものです。

山寺さんの情報に、朝から興奮しています。
当時見逃してしまい、シナリオを繰り返し繰り返し…
数多ある山田先生の名作のなかでも、一番好きです。
はやく観たいです。
大げさだけど、生きててよかったなー。




 

「赤い鳥」

 投稿者:あいどん(管理人)  投稿日:2017年 6月13日(火)08時03分26秒
  山寺さん、お久しぶりです。


> 来月は、日本映画専門チャンネルでちょっと愛してなどが放送され楽しみです。


本当ですか。
嬉しいなあ、私が持っているのは随分昔に再放送された古い映像ですから、ここで一気にブルーレイで保存したいところです。



>山田さん脚本で「赤い鳥のこころ ふしぎな窓」というアニメ?が昔放送されたようなのですが


それは山田さんが「カリメロ」なんかに関わっておられた頃の作品ですね。
童話雑誌「赤い鳥」に掲載された作品を、各ライターが12、3分のアニメにするというシリーズでした。
プロデューサーは「カリメロ」と同じく、木下忠司さんの奥さんで、ライターは映画畑の錚々たるメンバーだったと思います。
 

吉報

 投稿者:山寺  投稿日:2017年 6月12日(月)23時09分58秒
  御無沙汰しております。
来月は、日本映画専門チャンネルでちょっと愛してなどが放送され楽しみです。
当方は、年末に放送された家へおいでよの録画を欠いてしまい再放送もなく消沈しているところでした。吉報に大喜びです。

さて、山田さん脚本で「赤い鳥のこころ ふしぎな窓」というアニメ?が昔放送されたようなのですが、あまり情報もなく気になっています。
これもどこかで放送されてほしいものです。
どんな内容だったんでしょう・・・
 

山田さん誕生イベントご参加感謝

 投稿者:あいどん(管理人)  投稿日:2017年 6月12日(月)22時46分53秒
編集済
  皆さん、誕生イベントご参加ありがとうございます。

どの時点からかは人それぞれですが、山田さんの表現とともに生きてきた歴史が各々あるわけですね。
幸福な歴史だと思います。
多くの人が共通の幸福な体験を持っているということはなんという至福なのだろうと思います。





やよいさんは「山田太一展」行かれましたか、私も早く行かねばとあせります。




>ずっと昔(正確には16年前)銀座でやはり山田太一展があった時にもの凄くドキドキしながら(山田さんにお会いしたらどうしよう~という単純なミーハー根性で)行ったのを思い出したりもしました。


え?16年前。ワタシそれ知りません。
16年前って何してたんだろう?
このBBSがスタートするかしないかという頃で、ネットで情報交換出来なかった時代ですね。不覚です。


>過日、TVで横浜にある某クリニックの往診医が紹介されていたのですが、その医師は
「本当の力はすべての問題を解決できる力ではなく、力になれない、でもそこに居られる、それは自分の弱さと無力を知った人が持つ確かな力ではないか。」と語っていました。


なるほど山田さんの「空也上人がいた」に通じる世界ですね。
それで思い出したのですが、木下恵介の「二十四の瞳」で先生が生徒に、一緒に泣いてあげることしか出来ないと言うシーンがあるけど、それも同様ですよね。さすが山田さんのお師匠さん。

帚木蓬生さんの「ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力」という著作がありますが、これも同質のものを感じます。この方の小説「千日紅の恋人」は、いつぞや山田さんが書評をされていた記憶があるのですが、どこかに共通の流れがあるのかも知れません。









享美さん、ご参加ありがとうございます。


>そんなに長いものでなくてもいいんです。
少し時間に余裕のできたシルバー世代の人たちが、じっくりと楽しめるお昼のドラマ、先生、もうひと頑張りお願いしたいです。


あっはっは、もう、強欲な山田ファンはそんなことばかり言ってますね。
私もその一人ですが。

そこで享美さんが喜ぶような推理をしたいと思います。

開催中の「山田太一展」で「 山田太一展記念座談会」が開かれますが、何故かあの義理堅い山田さんは参加されず 堀川とんこう×中村克史×長谷正人の3氏で行われるようです。

これはどういうことなんだろう?と疑問を持った方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。本人が出ない記念座談会なんてあるのか?
なんでやねん???



倉本聰氏は「やすらぎの郷」執筆に関するインタビューで、高齢ということに触れながら、岸信介の「長寿の秘訣3か条」を引用していました。
3か条とは「風邪ひくな、ころぶな、義理を欠け」とのこと。

そこで倉本氏は「義理を欠け」というところを特に共感して語っておられ、歳をとってくると葬式とかがやたらと多い、そういう義理を欠かないととても体力がもたないと言っておられました。



私は、そういう問題で、山田さんはいちいち鼎談などに出ていられないのではないかと思っていたのです。


しかし、実はそういう問題ではないのではないか。
つまり「シルバータイム」ドラマの企画がすでに始まっており、そのスケジュール調整で「義理を欠いて」おられるのではないか。
そう推理したのです。
ひょっとするともう執筆は始まっているかも!!!!


どうです!!!
これは欣喜雀躍クラスの推理でしょう!!!

ひゅるるるるううう、どおおおおおおんんんん、ぱあああんん!!
おめでとおおおおおおおお~~~~~!!





なあんてね。
年寄りファンは際限なく強欲です。
山田さんお許しを。



西さん。
ご参加ありがとうございます。

>人生80年と言われてから久しいですが、
我が身を振り返ると、果たして80歳まで創作に関わり合って行けるのかと思うと、
山田氏のように活き活きと創作の現場でご活躍されているお姿は
正しく僕の指針でもあります。






凄いですよね。
人の歳のとりかたって人によって本当に違いますが、高齢社会の到来によって、長寿のイメージはどんどん変化していっていると思います。
山田さんは中でもプラスイメージの代表ではないでしょうか。

私も、指針として生きていこうと思っています。


では、もう一度改めまして

山田さん83歳おめでとうございます!!

ひゅるるるるううう、どおおおおおおんんんん、ぱあああんん!!










 

おめでとうございます。

 投稿者:西  投稿日:2017年 6月 8日(木)09時12分30秒
  83歳ですか。

人生80年と言われてから久しいですが、
我が身を振り返ると、果たして80歳まで創作に関わり合って行けるのかと思うと、
山田氏のように活き活きと創作の現場でご活躍されているお姿は
正しく僕の指針でもあります。

本当におめでとうございます。

http://www.number7.jp/bbs/nishiart/

 

レンタル掲示板
/276